私たちは関村グループです。

漢方和牛ってなに?

岩手山ろく漢方和牛は

「岩手あか毛和牛」

という褐毛和種の牛肉です。

漢方和牛は、宮城にある関村牧場の牧場主、関村清幸氏が十数年の試行錯誤の上作り上げた人間の体に良い牛肉です。

伊藤牧場では、漢方和牛の発案者関村氏の指導により関村グループの漢方和牛として岩手山ろく漢方和牛を飼育生産しています。

1.漢方で育てる

健康な牛を育て体にやさしい牛肉を
作るため、14種類の漢方草を
飼料として食べさせています。

上部左から「えごま」「えごまのみ」「こめぬか」「くわのは」「そば」「くこ」「ハブ茶」「ろっかくれいし」「さんざし」「はとむぎ」「こんぶ」「ステピア」「くまざさ」「なつめ」

アレルギーや炎症を抑える作用や鎮痛解熱にも適しているえごま。最近でいうと動脈硬化の予防として取り入れられていますが、昔は胃薬としても使われていた優等生。

肝臓の働きを助けてくれるハブ茶は、滋養強壮のために使われる事が多く、栄養の偏りからくる症状をカバーしてくれます。

あまり聞き慣れない名前ですが「鹿角霊芝」は見た目が鹿の角ににていることから付けられた名前で、キノコの一種です。そのままの姿を見る事はありませんが免疫力や癌予防のハーブとして、人間が摂取しやすい形になった商品が多くあります。1万本に1本しかないという言われもあり、奇跡のキノコという人もあるようです。

2.ヘルシーな脂

漢方和牛の脂肪融点は21.3〜22.8℃
体温で融けることができる脂は、脂肪
をためない健康に良い牛肉になる

通常の牛肉は、体温では融解できずそのまま中性脂肪として体に残ってしまいます。ダイエットをすると牛肉を食べない人が多いですが、牛肉には人間に必要な栄養素がたっぶりはいっています。健康やダイエットをきにすることなくおいしいものをおなかいっぱい食べて頂けるのが漢方和牛ならではの特徴です。

3.黒毛和牛より豊富な旨味成分

漢方和牛は実際に実験をおこない、
どのくらい旨み成分があるのか黒毛和牛と
比較したデータがあります。

牛肉の旨み成分にはアミノ酸がふくまれています。そのアミノ酸の量が多い程牛肉としての旨みが増えていくのですが、漢方和牛のおいしさの理由には、そのアミノ酸の多さが関係しています。通常の国産黒毛和牛とアミノ酸の量を比べると、1,5倍以上含まれていることが分かりました。また、最もしられている旨み成分のグルタミン酸は、約2倍以上という結果がでました。グルタミン酸は旨み成分としても有名ですが、なにより脳を活性化させストレスへの抵抗力を強くする働きを持っています。